2015年04月28日

銀座吟行会

「かりん」のお仲間と銀座で吟行会をおこなった。
8丁目にある「国際善隣会館」が歌会会場。
そこからおのおの歌材を探して出発。

私は金春通りから歩き始めた。
和紙の「ひらつか」、陶磁器の「東哉」、呉服の「伊勢由」と
老舗をのぞく。
ビルとビルの隙間に隠れている「豊岩稲荷」には、
迷路のような小路というか、隙間を歩いてたどりついた。

CIMG3964 (600x800).jpg

昼食は洋食の「あずま」で。11時半開店を待って人が並んでいた。

CIMG3966 (800x600).jpg

銀座コアの裏の通り、あずま通りから三原小路のお稲荷さんへ。
そのあと、昭和11年開業の老舗コーヒー店「トリコロール」で休憩。

CIMG3975 (800x600).jpg

オレンジリキュール「コアントロー」を入れて楽しむコーヒー。
うーん、しゃれてますね。

NCM_0212 (800x600).jpg

コーヒーゼリーは濃くてしっかりとしたお味で
食べ応えがありました。
2階のお部屋は天井が高く、天窓からの自然光が日よけごしにやわらかい
光が入っていて、うっとりとします。
レンガの壁もレトロな雰囲気で、歌を練るのにいい空間でした。

NCM_0213 (800x600).jpg

散策の3時間はあっというまに過ぎ、集合時間が迫る。
早足で歌会会場にもどる途中で、リヤドロのウィンドーに釘付け。

NCM_0215 (800x600).jpg

なんとあの「ディープインパクト」がきらきらとしているではありませんか。
手に入れたいけどやっぱり高価だなぁ…

このあと2時間半の歌会で盛り上がり、さらに二次会は
日本酒を取り揃えている「京矢」でおいしくいただきました。

posted by kariroku at 23:57| 短歌 | 更新情報をチェックする

2015年04月26日

湯島聖堂

テキスト「NHK短歌」のコーナー「居酒屋短歌指南」の構成を
今年から担当している。
指南役の歌人、久々湊盈子先生の案内で御茶ノ水駅から、
まずは湯島聖堂に向かう。
先生の第七歌集「鬼龍子」の名は湯島聖堂の上にいるというからだ。

NCM_0197 (600x800).jpg

聖堂の大成殿の屋根の上に前足を立てている動物らしきもの、
それが「鬼龍子」だという。

NCM_0200 (800x600).jpg

「形態は狛犬に似た姿で、顔はネコ科の動物に似ており、
牙をむき、腹には鱗があり蛇腹・龍腹」

麒麟のような、想像上の霊獣だという。

NCM_0204 (800x600).jpg

「中国や朝鮮の建築の降り棟にたてた、龍の子を模した瓦製の怪獣」
初めて見たがおもしろいものだと思った。
西洋の聖堂にも似たような怪獣がたっているし、神や聖人に仕え守る
という信仰が世界に分布していたのだろう。

桜が満開の東京。湯島聖堂から駿河台のニコライ堂をのぞむ。

NCM_0206 (800x600).jpg

この後、先生の行きつけのお店、駿河台の居酒屋で対談をしていただいた。
6月号、7月号に掲載されるのでご覧になってみてください。
posted by kariroku at 23:29| 短歌 | 更新情報をチェックする