2014年05月28日

和歌山 藤白神社

和歌山県歌人クラブ春季大会にお招きいただき、10何年ぶりかに
行って参りました。

wakayama01.JPG

講演のまえに、観光案内をしていただき、最初に海南市にある
藤白神社につれていってもらいました。
和歌山市内から車で20分ほど。
平安時代に熊野信仰が盛んなとき、藤白王子と呼ばれ、熊野領域の入り口として
崇敬された。
境内には樹齢千年以上のクスノキが荘厳さをたたえている。

wakayama02.JPG

後鳥羽院ご晨筆という碑があり、びっくり!
熊野懐紙を起こした碑だという。

wakayama04.JPG

wakayama03.JPG

神馬は木彫りでかわいらしく、木目が特徴的に見える。

wakayama05.JPG

wakayama06.JPG

万葉集の悲劇の一人、有間皇子神社も祀られており、境内を出て5分ほど歩くと、
熊野古道の登り口である藤白坂。
有間皇子の墓と伝えられる墓碑と、佐佐木信綱筆の歌碑がひっそりとたたずむ。

歌は「家にあれば笥(け)に盛る飯(いひ)を草枕 旅にしあれば椎の葉に盛る 
有間皇子」




posted by kariroku at 07:03| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年05月23日

NHK短歌 第4日曜は「短歌de 胸キュン」

TV NHK・Eテレ 「NHK短歌」の第4週は、「短歌de 胸キュン」
初心者のための短歌講座。今年から選者をつとめています。

出演をかけて、
スピードワゴンの小沢さん、井戸田さん。そして小島よしおさん、
モデルの鈴木あやさん、寿るいさん、えりちょすさん、
新メンバーのカンハンナさん、松下雄一郎さんが、短歌対決をします。

5月の放送は
5月25日午前6時〜6時25分
再放送、5月27日午後3時〜3時25分
tankamune0105025.JPG
今月の出演はスピードワゴン、鈴木あやさん、カンハンナさん。

ぜひご覧になってみてください。
短歌の投稿もお待ちしています。
番組のホームページからメールで短歌を投稿してください。



posted by kariroku at 00:00| 短歌 | 更新情報をチェックする

2014年05月22日

小高賢さんをしのぶ会

歌人の小高賢さん、今年の2月10日に急逝された。まだ69歳だった。
7月13日の誕生日がくると、70歳を迎えるはずだったのに。

小高さんは「かりん」の先輩で、私は入会当時からたいへんお世話になった。
今でもまだ信じられない気分。またどこかで「よぉっ」と笑顔で近づいてくるような
錯覚が残っている。

彼を偲ぶ会が、5月19日月曜日、東京・中野サンプラザでおこなわれた。
歌林の会と昭和19年の会の合同開催で、会員や歌人仲間、短歌の出版関係者が
たくさんお集まりになった。

司会は、ながらみ書房社主で昭和19年生まれの会で一緒だった及川隆彦さんと、
「かりん」の草田照子さん。
人柄と交流をしのぶスピーチは、
篠弘、高野公彦、永田和宏、島田修三、宮英子、坂井修一(献杯の挨拶)、
外塚喬、栗木京子、田村広志、小島ゆかり、小山鉄郎、天野敬子、中嶋廣、
沖ななも、内藤明、大辻隆弘、佐伯裕子、三枝浩樹、池田はるみ、
斎藤佐知子、影山一男、中津昌子、草田照子、松谷東一郎氏ら。
宮崎の伊藤一彦さんからメッセージが届いていた。

皆さんのお話しから、下町育ちの気風のよさ、人懐こく明るい人柄、冗談好き、
明晰さ、病・老い・死を怖れていた繊細な面、愛妻家、などなどがふたたび
浮かび上がって、またお会いしたくなる思いが増したのだった。

ほんとうに貴重な先輩、歌人を亡くした、喪失感は深い。
小高さんに教えられたこと、モットーとしていた「人情、公平」を
再度指針にして生きてゆきたいと思う。
posted by kariroku at 09:20| 短歌 | 更新情報をチェックする

2014年05月20日

週刊競馬ブック5月19日発売号に寄稿

「週刊競馬ブック」5月19日発売号の
「おもひでの名勝負」にエッセイを書きました。

keibabook051901.JPG

オークス特集号で、2010年第71回のオークスを
採り上げました。

アパパネとサンテミリオンが同着となる、GT史上初の結果。
雨中のデッドヒートです。

keibabook051902.JPG

アパパネは2歳時から注目し、見事な末脚に魅了されて
応援してきました。
・赤き鳥はばたく音に抜け出して ターフふり切る少女アパパネ
      美華子

桜花賞、オークス、秋華賞を勝ち牝馬三冠を成し遂げた馬。
繊細な一面を見せるところも胸キュンでした。

posted by kariroku at 09:16| 本・雑誌 | 更新情報をチェックする

2014年05月16日

故・谷川健一先生と花礁で遊ぶ会

民俗学者で歌人の、谷川健一先生が常世の国に旅立たれたのは
昨年8月24日。

偲ぶ会が、冨山房インターナショナル主催で、5月10日土曜日に
おこなわれた。東京八重洲の日本工業倶楽部にて。

hanaze01.JPG

会の名称を「花礁(はなぜ)で遊ぶ会」にしたのは、谷川先生の短歌の

「潮引きしあとの花礁(はなぜ)の夕あかり神の作りし島にて死なむ」から
採ったという。
南島の民俗を探求して偉大な業績を残された谷川先生が愛した、美しい珊瑚礁の
海辺。
それを模した段がお写真の下に飾られていた。

hanaze03.JPG

ビデオ上映では先生のお姿、お声にふたたびお会いすることができて
感慨無量となる。お声はラジオ放送「菅原文太の日本の底力」にご出演なさった
ときのもの。

岡野弘彦氏、岡谷公二氏、黒田杏子氏らのスピーチがあり、約150名の
出席者が先生の研究とお人柄を偲んだ。

hanaze02.JPG

posted by kariroku at 07:48| 文化・民俗 | 更新情報をチェックする

2014年05月14日

現代短歌新聞 5月号の新作5首

現代短歌新聞 5月号に新作5首が掲載されています。

知人の茶室にお招きいただいたときのことを詠みました。
早春の夕暮れから茶事「夜咄」を体験させていただきました。
友人の娘さんが裏千家の教授であり、作法を知らない私に
親切に教えてくださりながら、お茶、懐石などおもてなしくださいました。

tanka201405.JPG

posted by kariroku at 07:57| 短歌 | 更新情報をチェックする

2014年05月08日

季節の和菓子

0507 toraya02.JPG

虎屋菓寮にて。
甥っ子(5歳…)は 和菓子やお茶を好む。しぶい…
写真の季節の羊羹は 「藤の棚」
このほかにも、冷し白玉汁粉をたいらげていた。
暖簾を「やらと…?」と読んでおりましたっけ。
わたしは生菓子とお薄。

0507 toraya01.JPG
生菓子は 「岩根つつじ」
目で初夏を味わいました。



posted by kariroku at 09:22| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年05月04日

バースデーケーキ

20140425 01.JPG

先月の28日に誕生日だった。家族で隣の市のレッドロブスターに行き食事をした。
そのときに出してもらったケーキ。

下のケーキは、妹と甥っ子が買ってきてくれたもの。
プレートは甥っ子があっという間に食べてしまった。
ラムネの味がしたという。
20140504 01.JPG


posted by kariroku at 16:25| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年05月02日

日本近代文学館 「青春の詩歌」展

2014 51 001.JPG

目黒区駒場の近代文学館で開催中の「青春の詩歌」を見てきた。
恥ずかしながら、私の色紙も展示されているからである。

主な作品は、島崎藤村、齋藤茂吉、与謝野晶子、三好達治、加藤楸邨、安東次男、
石田波郷などの
短冊、色紙、掛け軸。
そして現在活躍中の詩人、歌人、俳人による揮毛作品。

詩人で名誉館長の中村稔氏による作品解説も示唆に富み、読みごたえがあった。

同じ敷地内に、前田侯爵邸が保存されている。贅をつくした洋館と和風建築を
見学してきた。
どちらも無料で入ることができる。

20140501 03.JPG



お昼は東大の駒場キャンパスに入って、生協の学食で学生気分をしばし味わった。

20140501 01.JPG

前田侯爵の敷地を国に売却して、東大のキャンパスになったという。
新緑の銀杏並木を歩いて清々しい気分。

20140501 02.JPG

posted by kariroku at 16:18| 短歌 | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

コンサート

28日、河村隆一の「 No Mic, No Speakers Concert #006 」
に行ってきました。

もう6回めなのですね〜

ノーマイクのコンサートは、オーチャードホールや初台のオペラシティなどに
以前は聴きに行きました。
今回は、かつしかシンフォニーヒルズのモーツァルトホールでおこなわれました。

image0063 0428.JPG

ピアノと弦楽器に、アコースティックギターのみのシンプルな伴奏で、
生声をホールに響かせる、というもの。

だんだん低い音も深く出るようになって、歌い手の進化を感じることが
出来ました。

葛飾に向かう途中で、東京スカイツリーのふもとを通りました。
日が沈んで夕ぐれの影をまといはじめたスカイツリー、
下から仰ぐと、やはり迫力がありました。

20140428 02.JPG
posted by kariroku at 16:03| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月29日

郡上市古今伝授の里短歌大会

NHK学園主催の生涯学習フェスティバル「郡上市古今伝授の里短歌大会」が
4月24日、岐阜県郡上市の郡上総合文化センターでおこなわれました。

選者は伊藤一彦さん、小塩卓哉さん、松村正直さん、そして私…
講演はアナウンサーの加賀美幸子さんが「心を動かす言葉」と題して
お話しなさいました。

大会に先立って、郡上市大和町にある古今伝授の里フィールドミュージアム
を見学。
新緑が美しく、桜の花も残っていて景色を堪能しました。

東氏(とうし)の居城、篠脇城は山城で、ふもとに庭園跡が発掘されている。
2014gujo01.JPG

古今集の奥義を伝授した祖と伝えられている、東常縁(とうのつねより)
2014gujo03.JPG

篠脇山のふもとを皆さんと散策。梨の花が真っ白でまぶしい。果樹園以外で見たのは
初めてだ。
カタクリの花がまだ残っていた。「万葉集」では「堅香子の花」と呼ばれている。
2014gujo02.JPG

2014gujo04.JPG

ほかに貝母(バイモ)、猫の目草、二輪草、花蘇芳、猩々袴(ショウジョウバカマ)など、
野草や木花を間近に見て晩い春を味わいました。


posted by kariroku at 09:14| 短歌 | 更新情報をチェックする

2014年04月25日

NHK短歌第4週 短歌de 胸キュン

TV NHK・Eテレ 「NHK短歌」の第4週は、「短歌de 胸キュン」
初心者のための短歌講座。今年から選者をつとめます。

出演をかけて、
スピードワゴンのお二人小沢さん、井戸田さん、小島よしおさん、
鈴木あやさん、寿るいさん、えりちょすさん、
新メンバーのカンハンナさん、松下雄一郎さんが、短歌対決をします。

放送は、4月27日午前6時〜6時25分
再放送は、4月29日午後3時〜3時25分
posted by kariroku at 08:54| 短歌 | 更新情報をチェックする

2014年04月22日

吟行会 銀座

16日、短歌のお仲間と銀座で吟行会をしました。
晴天となり、上着がいらないほど気温が上がって、初夏の陽気となりました。

8丁目にある「国際善隣会館」を歌会会場とし、そこから各自散策に
出かけます。
私は和紙や水引の老舗「ぎんざ 平つか」にまず立ち寄って、
ぽち袋やレターセットを見ました。
・和紙の店の主(あるじ)はデニムのエプロンに
涼しく微笑む金春通り 美華子

画材店「月光荘」では与謝野晶子の字でレンガに彫られた店構えを
見て、お仲間は晶子の歌が書かれているレターセットなどをご覧になっていました。

ランチは洋食の老舗「銀座 キャンドル」。
川端康成や三島由紀夫など文豪が通ったことでも知られています。
元祖「チキンバスケット」と、ハンバーグを堪能。
ginza01.JPG

ginza02.JPG


銀座通りを数寄屋橋へと、そして4丁目の交差点へ。
ソニービルにはスパイダーマンが!
ginza03.JPG


中央通りのソフトバンクの店前には白犬の人形がお出迎え。
ginza04.JPG

ハイブランドや、ラオックスなど家電店で中国からの旅行者が買い物をしては
バスに荷物を運びこむ光景など、いまの動きを実感した銀座でした。


posted by kariroku at 08:04| 短歌 | 更新情報をチェックする

2014年04月17日

サッカーACL 横浜F・マリノス

サッカーのACL、横浜F・マリノスと全北(韓国)の試合が
15日マリノスの本拠地日産スタジアム(横浜国際競技場)で
おこなわれ、初めてACLの観戦をしました。日産スタジアムに行くのも
初めて。
満月の夜、大きな月は少しオレンジがかっていて不思議な趣。
日産スタジアムは想像以上に大きな会場で、見まわすたびにくらくら。
観客は3分の1しか入っていなかったのですが、全部埋まったら
すごいことになりそう。
acl06.JPG

acl05.JPG

試合は全北が先制。マリノスが押され気味に見えました。
後半19分と20分に、MF齋藤学がつづけて2ゴール!!
さすが日本一のドリブラー。爽快な逆転。

acl03.JPG

acl02.JPG

acl04.JPG
posted by kariroku at 00:57| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月10日

今年のお花見

勤め先から近い代々木公園に行ってきました。

ランチ時、桜の下でお弁当を開きました。

2014sakura1.JPG

2014sakura2.JPG

2014sakura3.JPG

posted by kariroku at 23:11| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年04月09日

高杉晋作の和歌

舞台 「まほろばかなた 長州志士の目指した場所 」を
観て来ました。

品川区 天王洲銀河劇場 2014年4月3日から13日まで

高杉晋作の和歌 「おもしろきこともなき世をおもしろく すみなしものは心なりけり」
に象徴される幕末の閉塞感と爆発の予兆が描かれているように思いました。

歌人の西行法師を崇敬した高杉晋作は自身の号を「東行」にした。

「西へ行く人を慕ひて東行く わが心をば神や知るらむ」

芝居では吉田松陰役で歌舞伎界から中村亀鶴が出演し、舞台を引き締めていましたね。
IZAMもかなり上手くなったな〜

2014041116130000[1].JPG

2014041116150000[1].JPG

2014041116130001[1].JPG
posted by kariroku at 17:06| 日記 | 更新情報をチェックする

2014年02月02日

フジテレビ(関東ローカル)「タビノイロ。〜旅美人への手紙〜」 2月4日放送

八戸市東京事務所からお知らせをいただきました。

八戸市を取り上げたテレビ番組が放送さる予定です。

ぜひご覧になってみてください。

(以下引用)

■放送局・番組名

フジテレビ(関東ローカル)
「タビノイロ。〜旅美人への手紙〜」

■放送日時

平成26年2月4日(火)21:54〜22:00


■案内人
南條有香(モデル)

■放送内容
今年も2月17日から始まる八戸えんぶり。2月の八戸の食の魅力や朝市、

そして、えんぶりの魅力をモデルの南條有香さんがナビゲート。

はっち内では館長が八戸えんぶりの魅力を伝えます。
つい「八戸へ旅に出たいな!」と思える、旅情感たっぷりの旅番組です!


■番組情報
http://www.fujitv.co.jp/b_hp/tabinoiro/
http://blog.fujitv.co.jp/tabinoiro/index.html



※諸事情により放送内容が変更になることもございますのでご了承ください。


posted by kariroku at 01:00| 八戸・青森 | 更新情報をチェックする

2014年01月31日

TBS系「日本全国大捜索SP 絶好調さん、み〜つけた!」 2月1日放送

八戸市東京事務所から、お知らせをいただきました。

八戸市を取り上げたテレビ番組が放送される予定です。

ぜひご覧になってみてください。


(以下引用)

■放送局・番組名
TBS系(全国放送)

「日本全国大捜索SP 絶好調さん、み〜つけた!」

■放送日時
平成26年2月1日(土)14:00〜15:24

■出演者
【MC】 設楽統(バナナマン) 高橋真麻
【ゲスト】 高橋英樹 日村勇紀(バナナマン)
【絶好調リポーター】飯尾和樹(ずん) 蛭子能収 金子貴俊 春香クリスティーン

■放送内容

様々な日本一を誇る「絶好調県」を舞台に、誰もが認める「絶好調さん」との
出会いを求め、タレントリポーターがガチンコのロケ。

「早寝早起きの人が日本一多い」青森県では、八戸市の午前三時から開いている
朝市をはじめ、金子貴俊さんが、町で出会った元気な人々を紹介します。


■番組情報
http://www.tulip-tv.co.jp/tvinfo/detail/index.html?TID_DT03=82924159


※諸事情により放送内容が変更になることもございますのでご了承ください。

posted by kariroku at 20:45| 八戸・青森 | 更新情報をチェックする

2014年01月16日

ふるさと祭り 東京ドーム

「ふるさと祭り東京 日本のまつり・故郷の味 2014」
会場:東京ドーム

お祭り広場では東日本エリアから八戸三社大祭、秩父音頭、
西馬音内盆踊り、佐原の大祭、盛岡さんさ踊り、仙台すずめ踊りが
出演しました。

2014jan furusato02.JPG

写真は八戸の山車。わたしが幼い頃よりも巨大化、豪華になってきている。

水色の半纏をはおっている人たちが、綱をもって山車を引く。開催中は会場から参加者を募っていた。
山車には車輪とエンジンがついている。

山車を引くときの掛け声「ヨーイ、ヨーイ、ヨイサー、ヨイサー、ヨイサーノーセー、
ハア、ヤーレ、ヤーレ、ヤーレ、ヤーレェー」が聞こえてくると、自然に自分も
歌いだしていた(涙)


2014jan furusato03.JPG

今回来た山車のテーマは「龍王と不動明王」。組ごとに山車のテーマが毎年変わって、新規制作されている。細かい彩色や肉付けがすばらしい。


2014jan furusato04.JPG

「起き上り」「せり上がり」の仕掛けで、滝や竜王が現れる。東京ドームの高い天井に
届きそうなくらいの高さで圧巻だ。


2014jan furusato01.JPG

わたしの産土、内丸(うちまる)の法霊(ほうりょう)神社の権現舞い(獅子頭)も登場。
なつかしいなぁ…



全国ご当地どんぶり選手権では500円均一でハーフサイズを食べくらべ、
お気にいりの食に投票する。

八戸銀サバトロづけ丼は予選会を突破した。前年度3位でシードどんぶりになっている。

2014jan furusato06.JPG

幼いころからお付き合いのある「寿司の俵屋」の沢上社長とスタッフの皆さんが連日がんばっている。

サバ丼、ほんとうにとろっとしていて美味しいです!

東京で、ふるさと八戸の食や民俗芸能、文化、人情に触れることができて
感激でした!


2014jan furusato07.JPG

会場には「ゆるキャラ」が歩いていて、青森県田子町の「たっこ王子」にまみえた。
特産のにんにくをかたどっている。


いまをときめく「くまもん」で押してくる熊本県の出店。
「くまもん」が歩いていたら、殺到してパニックになっていただろうなぁ…

2014jan furusato05.JPG


B級グルメや地酒、スイーツ、特産品がずらーっと並んで壮観です。
たのしいので是非行ってみてください。

posted by kariroku at 22:25| 八戸・青森 | 更新情報をチェックする

2014年01月14日

新年謡と仕舞の集い 

喜多流でお稽古している素人の会・流友会の
「新年謡と仕舞の集い」が13日に喜多六平太記念能楽堂で
おこなわれた。(品川区上大崎)

わたしは仕舞「東北」で一年ぶりの参加。

先生からは「ゆったりと、大らかにね」とご助言をいただき、
さてそのように舞うことができたかどうか。

久しぶりに能舞台に立つと、広〜く感じた。

なんとか無事に済んでホッとした顔。

妹家族からお花のプレゼント。

2014janryuyu0101.JPG

またがんばりたいと思いま〜す


posted by kariroku at 21:12| 日記 | 更新情報をチェックする